BOAT RACE 三国 10#

01/23Tuesday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

ボートレース三国は4/3~9/20(※7/4~7/9「GⅡMB大賞」除く)まで朝の時間帯から開催されるレース「モーニングレース」を開催します。    

レース展望

一般

スカパー!・JLC杯 近畿選抜戦

1/
20
21
22
23
24
25

SG・V4 湯川が断トツの主役

「近畿選抜戦」と銘打ち近畿地区の強豪がそろった企画レース。各支部の実力派が集結しているが、その中でも一際注目を集めるのがSG・V4と断トツの実績を誇る湯川浩司だろう。ペラ制度が変わって以降不調な時期もあったが、2017年はG1優出4回・優勝1回と「快速王子」復活を印象付けた1年となった。近畿地区選手権以来約1年ぶりの参戦となる三国でも、快速ぶりを遺憾なく発揮するに違いない。湯川以外の遠征勢でも注目選手は多く、湯川と同じ大阪支部からは記念覇者の岡村仁、滋賀支部からは三国で優勝実績もある君島秀三、兵庫支部からはこれまで三国で優勝を3回勝ち取り、相性の良さが目立つ古結宏など強力なメンバー。
その強豪遠征勢を迎え撃つ福井支部では、松田祐季と武田光史に期待が集まる。松田は湯川に匹敵する地元強豪がそろった2017年のタイトルレースで優勝し、地元筆頭として胸を張り迎え撃つ存在。武田も近況では地元優勝から遠ざかっているものの、周年競走で優出するなど地元三国での実績・存在感は確たるもの。
そのほかにも三国実績十分な川北浩貴やA1復帰を果した明石正之などの実力者たちにも注目したい。

  • 3654
    武田光史(福井)
  • 4002
    古結宏(兵庫)
  • 4044
    湯川浩司(大阪)
  • 4137
    君島秀三(滋賀)
  • 4311
    岡村仁(大阪)
  • 4391
    松田祐季(福井)
4876
梅木敬太(福井)

初優出後も熱心な自主練習で成長のフレッシュルーキー!

デビュー2年目の2017年は13勝と勝ち星を伸ばし、新期適用勝率も3.75と3点台に乗せてきた。一歩一歩確実に力をつけてきている。さらに、9月の地元三国では初優出も果たすなど飛躍の1年となった。その活躍もあって、2018年は三国のフレッシュルーキーに選出された。 日頃の自主練習にも今まで以上の熱心さで打ち込む姿が見られる。実戦でも走り慣れた水面の利を生かして、果敢なレースを展開している。また、繰り返し体にしみ込ませたスタート勘を生かして、どの枠からでも先手を打つ事ができるようになってきた。特に地元三国では舟券に貢献する回数も増えてきた。選手として成長が著しく、今後の活躍に期待できる。

全国過去3節成績
2018/01/04~2018/01/09日本財団会長杯争奪  尼崎大吉決定戦尼 崎6 555 3 6 56
2017/12/27~2017/12/312017住之江ファイナル競走住之江6 56164 63
2017/12/13~2017/12/18第12回 蒲郡師走特別蒲 郡6 5 41663 1落

※数字は01/19現在のものです。