BOAT RACE 三国 10#

01/18Tuesday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■2022/1/1~3/8の期間は、デイレースにて開催します。・開門時間 10:00 ・第1レーススタート展示時間 10:08   

レース展望

一般

新東通信杯

1/
26
27
28
29
30
31

四国の雄、市橋卓士がV候補筆頭も群馬勢が強力!

寒さが最も厳しさを増すころの1月26日から6日間で開催される「新東通信杯」。抜けたスタークラスの選手は不在だが、実力者が多数そろったシリーズ。V候補筆頭に挙げるのは四国を代表する選手である市橋卓士だ。昨年の5月に当地参戦した際はオール2連対、節間9勝の圧倒的な走りを披露し優勝をかっさらった。さすがのスタート力で相手に付け入る隙を与えなかった市橋。このシリーズも優勝に期待がかかる。
市橋に負けないスタート力を誇るのが久田敏之だ。前期はF2になるなど攻めるがゆえの苦しみも味わったが、今期の平均STは0.11とトップレベルの数字。今節はフライング休み明け2節目とまだ無理はできないが、久田の攻めの姿勢は「買い」だ。レースを面白くするのは江口晃生だろう。市橋、久田がスタートで攻めるなら江口は進入で攻める。今期は8点を超える勝率で登場と、駆け引きやレースのうまさは抜きん出ている。同じ群馬支部からはもう1人、上村純一もいる。当地は2V実績と好相性水面だ。準地元の君島秀三も果敢な走りで魅せてくれる1人。これら強力遠征陣を、石田政吾を筆頭とした地元勢が迎え撃つ。

  • 3159
    江口晃生(群馬)
  • 4063
    市橋卓士(徳島)
  • 4137
    君島秀三(滋賀)
  • 4188
    久田敏之(群馬)
  • 4366
    前沢丈史(東京)
  • 4377
    濱本優一(大阪)
4520
高倉孝太(福井)

コース不問の攻撃力で高倉孝太が地元初優勝を目指す!

福井支部が誇る個性派レーサーの1人、高倉孝太。昨年は、これまでのキャリアで最多となる年間3優出の活躍を見せ、5月の浜名湖一般戦では自身2度目の優勝を飾っている。今期は適用勝率5.75をマークして2018年後期以来となる久々のA級返り咲きを果たした高倉。男女ともにトップレーサーが多く参戦した先月のミッドナイトボートレース大村でも予選を突破するなど好リズムを続けている。そんな高倉の魅力といえば、伸び仕様のスタイルから繰り出す豪快なまくり一撃。一瞬で内側の艇を沈めるその大技で幾多の高配当を提供してきた。今節は勝手知ったる水面に正月レース直後と調整面でも有利な立場。そうなると持ち味を存分に発揮したレースを期待せずにはいられない。今年は昨年以上の活躍はもちろん、地元ファンも待ち望む三国での初優勝を目指す。

全国過去3節成績
データは前検日に更新いたします