BOATRACE 三国

01/23 Saturday

本場開門時間:10:00

投票
メニュー

レース展望

一般

三国巧者決定戦

1 /
23
24
25
26
27
28

次世代スター、仲谷颯仁が戦線をリードする!

1月23日から6日間で開催される「三国巧者決定戦」。過去4年間の三国通算勝率が5.0以上の選手で構成される(B2級を除く)このシリーズを引っ張るのは、福岡の次世代スター仲谷颯仁だ。2017年の蒲郡で開かれたヤングダービーでG1初優出し、翌年には九州地区選手権を制するなど早くから注目されてきたが、デビューから6年、オーバーエイジ枠を除きルーキーシリーズを卒業。今期適用勝率は7.55と自己最高の勝率をマークし、今節出場選手の中でもトップの成績と確かな成長を見せている。これまで以上の活躍が期待されるが、年始からスタートダッシュを決めて勢いをつけたいところだ。
実績で仲谷を大きく上回るのが市川哲也だ。若々しく、50歳を過ぎているとは思えない見た目だが、レースっぷりも若々しいレースを見せている。これまでボート界を引っ張ってきたスターと次世代スターのバトルを楽しみたい。
安定感抜群の渡辺浩司もV戦線をにぎわす一人。12月の初めに丸亀で優勝と勢いをつけ、前回は無念の途中帰郷だった当地戦の雪辱を狙う。地元からは支部長の金子貴志を筆頭に、三好一、寺嶋雄が参戦する。

  • 3158
    島川光男(広島)
  • 3499
    市川哲也(広島)
  • 4112
    大久保信一郎(佐賀)
  • 4239
    竹田辰也(山口)
  • 4256
    渡辺浩司(福岡)
  • 4848
    仲谷颯仁(福岡)

急成長のフレッシュルーキー!広島の高橋竜矢

5015
高橋竜矢(広島)

2017年11月にデビューして以来、期を重ねるごとに実力をつけ、2021スター候補選手として、宮島のフレッシュルーキーにも選出された若手レーサー、高橋竜矢。デビュー5期目となった2020年後期にはA級に昇格、新年から適用される2021年前期も、自己最高勝率となる5.88をマークしてA級をキープ。最近では、主戦場となるルーキーシリーズでも準優に名を連ねる常連となり、同世代の中でも抜けた存在になりつつある。2020年の成績を振り返っても、5月のびわこ一般戦での自身初となる優出を皮切りに、連続優出を含む4優出と活躍を見せた。今後は初優勝、A1昇格、そしてトップルーキーへのステップアップと沢山の期待を背負うことになるが、相性の良い三国で勢いをつけ、2021年はさらなる高みを目指す。

全国過去3節成績

2021/01/10~2021/01/15若 松

ルーキーS第20回スカパー!・JLC杯半分進入固定

2445141 122

2020/12/28~2021/01/01大 村

年末年始感謝競走

6146

2020/12/18~2020/12/23下 関

ルーキーシリーズ 今村豊メモリアルプリンスカップ

5233343 1616

※数字は01/22現在のものです。