BOATRACE 三国

11/28 Saturday

本場開門時間:10:00

投票
メニュー

レース展望

一般

日本MB選手会会長杯 第28回たけふ菊人形賞

10 /
6
7
8
9
10
11

実力の山田哲也と三国連覇を狙う香川素子がシリーズの中心!

10月に入り今年も福井県越前市では、「2020たけふ菊人形」が10月9日から1カ月にわたり開催される。今年は新型コロナウイルスの影響により、屋外での菊花の展示が中心となり、例年より事業規模を縮小しての開催となるが、ぜひ足を運んでいただきたい。
ボートレース三国においても、その「たけふ菊人形」をタイトルに冠した「日本モーターボート選手会会長杯 第28回たけふ菊人形賞」が10月6日から6日間で開催。シリーズの中心となりそうなのは、東京の山田哲也だ。6月の当地参戦時には本来の力を発揮できず無念の途中帰郷となってしまったが、今年に入って14優出3優勝と、やはり実力は断然。今節はファンの期待に応える走りを見せてくれるだろう。もう一人は準地元の香川素子。前回の三国では、強敵ぞろいの男子レーサーを抑え見事優勝。レース後のウイニングランでは晴れやかな笑顔でファンの声援に応えた。連覇を狙う香川の走りにも注目したい。
出力低減モーターの最速タイム保持者・中村尊に、A1級返り咲きを狙う椎名豊と長嶋万記など、タレントぞろいの今シリーズだ。

  • 3900
    香川素子(滋賀)
  • 4073
    大橋純一郎(静岡)
  • 4076
    杉田篤光(静岡)
  • 4090
    中村尊(埼玉)
  • 4297
    山田哲也(東京)
  • 3686
    鳥居塚孝博(群馬)

地元クイーンズクライマックス出場を狙う長嶋万記

4190
長嶋万記(静岡)

賞金女王を決める年末のクイーンズクライマックス。今年は浜名湖で開催されるが、その出場を渇望するのが地元、静岡支部の長嶋万記だ。4年連続で出場中の長嶋だが、今期は8期連続でキープしてきたA1級から降格するなど現在不振にあえいでいる。津のヴィーナスシリーズでは準優勝戦1号艇だったがフライングを切り、賞金の上積みが期待された9月の地元女子戦も棒に振ってしまった。多摩川のレディースチャンピオンでも予選落ちするなどリズムに乗れない近況だが、三国は今年4月末からのG3オールレディースに参戦し、鋭く差し切って優勝した水面。今年の優勝はこの時の1回だけだが、それだけに印象は強く残っているだろう。9月15日現在で女子賞金ランキングは14位。選考期間は残り約2カ月となったが、ここから調子を上げてトップ12の椅子に座り、5年連続の出場を決めることができるかどうかに注目だ。

全国過去3節成績

2020/09/25~2020/09/30江戸川

第44回東京中日スポーツ杯

412 626 4343

2020/09/12~2020/09/16常 滑

第34回半田大賞

122 242544

2020/08/05~2020/08/10多摩川

プレミアムGI第34回レディースチャンピオン

623 1 431 65

※数字は10/05現在のものです。