BOATRACE 三国

01/22 Saturday

本場開門時間:10:00

投票
メニュー

レース展望

一般

第25回三国競艇大賞

11 /
23
24
25
26
27
28

シリーズ唯一のSG覇者、深谷知博が中心!

寒さも増しそうな11月23日から6日間で開催される「第25回三国競艇大賞」。このシリーズは主力に勢いある若手が目立ち、スピード感あふれる一節となりそうだ。シリーズリーダーに推すのは文句なしで昨年SGを制した深谷知博だ。三国は過去20回出場し、12回の優出(そのうち優勝2回)と主戦場が記念戦線の深谷にとって5割以上の優出歴はさすがの一言。ダービーを制して以来優勝からは遠ざかっているが、この節も一番星の存在感を放ってくれるだろう。
対抗に推すのは地元の下出卓矢だ。例えるなら将棋の飛車。盤面にいるだけで脅威の存在となるように、コース不問で一撃を狙える様は相手に重圧を与える。枠番問わずレースに乗っているだけでファンを高揚させる選手はなかなかいない。今年G1タイトルホルダーの仲間入りとなった栗城匠もV候補の1人。当地は優勝歴もあり苦手意識はない。栗城と同じルーキー世代の井上一輝も忘れてはいけない。今年は11優出2Vと各地で優出ラッシュ。層の厚い大阪支部でも頭角を現してきた存在だ。前回の三国(8月一般戦)でまくって優勝した本多宏和も当地連続優勝を狙って参戦する。

  • 4144
    石塚久也(埼玉)
  • 4415
    下出卓矢(福井)
  • 4492
    本多宏和(愛知)
  • 4524
    深谷知博(静岡)
  • 4826
    井上一輝(大阪)
  • 4928
    栗城匠(東京)

A級復帰を目指す今井美亜が新期地元で勢いつける!

4611
今井美亜(福井)

現在の福井支部の女子レーサーは、唯一のA級レーサーである西橋奈未の台頭が著しく、レディースチャンピオンでも優出を果たすなど新世代エースとしての風格が出てきた。そんな西橋の活躍の陰に隠れる形となってはいるが、地元女子のエースとして復調を強く望まれているのが今井美亜だ。2度のレディースチャンピオンでの優出や2019年のクイーンズクライマックスを制した実力にルックスの良さも相まって名実ともに女子トップレーサーとなった今井。その後も福井支部女子レーサーの顔として活躍を見せていたが、2021年後期はまさかのB級落ち。わずかに勝率が及ばずの悔しい結果ではあったが、これで2014年前期からキープしていたA級継続がストップとなった。さらに2022年前期も4月のF2本の休みで出走回数が足りず、A級復帰はならず。そんな今井だが、ミッドナイト開催となった先日の下関混合戦で予選突破を果たすなど近況のリズムは上々。約1年ぶり、今年初めてとなる地元戦で結果を残し、A級復帰へ新期で勢いつける。

全国過去3節成績

2021/11/13~2021/11/17常 滑

マンスリーBOATRACE杯

143落1 5 15

2021/11/05~2021/11/10若 松

ヴィーナスS15戦マクール杯ナイトプリンセスカップ

265 611 1511

2021/10/20~2021/10/25下 関

ミッドナイトボートレース トランスワードトロフィー

1 3324343612

※数字は11/22現在のものです。