BOATRACE 三国

02/03 Friday

本場開門時間:

投票
メニュー

レース展望

一般

BOATBoyCUP

10 /
26
27
28
29
30
31

地元の雄、萩原秀人が強力遠征勢を迎え撃つ!

あなたとボートレースをアツくする超抜マガジン「BOATBoy」の名前が冠についた「BOATBoyCUP」が10月26日から6日間で開催される。普段見られないピットでの選手の表情や舟券攻略に役立つ情報が満載で、ビギナーから上級者まで、自宅でもボートレースを楽しめる「BOATBoy」の名前がつくとあって、アツいメンバーが名を連ねた。V候補1番手に名前が挙がるのは、やはり地元を代表する1人、ワイルドスピード萩原秀人だ。今年は6回地元を走って、そのすべてで優出。5月の三国一般戦では地元の牙城を守り優勝している。このシリーズでも、制御ギリギリの全開ターンで強力遠征勢を迎え撃つ。
当地は2V実績、G1でも2回の優出と得意水面なのは杉山正樹だ。三国の通算勝率も7点超えと確かな数字を残している。8月の地元蒲郡ではFのアクシデントも出た中、しっかり逃げて優勝と近況も上々だ。杉山と同じ愛知支部の北川潤二も近況目立っている1人。9月末には蒲郡で優勝している。谷野錬志は三国で4V実績。中村尊もスピードなら負けない。そして、何といっても服部幸男はレースを制する力を持っている。

  • 3422
    服部幸男(静岡)
  • 3612
    馬袋義則(兵庫)
  • 4061
    萩原秀人(福井)
  • 4084
    杉山正樹(愛知)
  • 4090
    中村尊(埼玉)
  • 4342
    谷野錬志(静岡)

相性抜群の水面で三国5回目の優勝を狙う谷野錬志!

4342
谷野錬志(静岡)

今回ピックアップするのは静岡支部、第96期の谷野錬志。2005年5月にデビューし、3年後の2008年後期には早くもA級へと昇格。その後もA級をキープし続け、2018年後期以降はA1級へと定着し、現在は9期連続でA1級をキープしている。現況の勝率も6.81(9月29日時点)と、例年のA1級のボーダーを大きく上回り、来期のA1級継続もほぼ確実だろう。そんな谷野だが当地水面とは相性抜群で、過去3年の当地勝率は7.86と参加選手中トップの数字。三国直近3年の全出走結果で見ても、6節参戦し4優出、そのうち3回の優勝を挙げており、これまでの通算では4回の優勝を勝ち取っている。この戦績からも当地水面と好相性なのは明白で、確実に優勝戦線に名を連ねるだろう。全国での前回優勝は2021年8月28日、びわこの「つるやパン提供第6回みんな大好き!サラダパン賞」で、1年以上前となっているが、得意水面の当地で軽快に暴れまわり、三国通算5回目の優勝を狙う谷野に要注目だ。

全国過去3節成績

2022/10/16~2022/10/21児 島

GI児島キングカップ開設70周年記念競走

3 433 15213

2022/10/02~2022/10/07びわこ

開設70周年記念 GIびわこ大賞

2 525 133 13

2022/09/23~2022/09/26戸 田

第1回漫画アクションカップ

33521521

※数字は10/25現在のものです。