開催中!
4/18
開門時間8:00
1R スタート展示08:15
場外発売
開門時間8:00
  • 鳴門 GⅠ
  • 平和島 一般
外向発売
開門時間8:00
  • 鳴門 GⅠ
  • からつ 一般
  • 平和島 一般
  • 福岡 一般
  • 桐生 一般
  • 蒲郡 一般
  • 若松 一般

レース展望

一般

絶好調者三国ダービー

7/13
14
15
16
17
18
7月になって新期級別2節目は「絶好調者三国ダービー」が7月13日から6日間で開催。今期適用級別である2023年後期の勝率と、6月まで適用されていた2023年前期の勝率を比べ、数字が上がっている選手だけで構成されるシリーズとあって好調選手がズラリと並ぶ。出場選手の中で最も勝率が高いのが重成一人。2023年前期からA1級に復帰したが、今期はさらに勝率を上げて7.58という数字での参戦。この数字は重成にとっても自身最高勝率だ。2月のG1復帰戦となった四国地区選では見事優出。好調な重成が、持ち前の見る人を魅了するターンでシリーズを先導する。
その重成の勝率に肉薄するのが久田敏之。4月の津の周年では優出しており好調さがうかがえる。そして三国は昨年2回走り2連続優勝で、当地3連続Vを狙っている。水面も味方に優勝戦線を盛り上げるだろう。三浦敬太は前期、A2級降格を味わったがそこから勝率をググっと上げて6.76の数字でA1級復帰。9月には当地G1参戦ということもあり気合が入る。準地元の北村征嗣も三国は走る機会が多く、6月には住之江で優勝と勢い十分で楽しみな存在だ。
SERIES LEADERS
  • 重成一人選手写真

    重成一人

    A1/3908/香川

  • 北村征嗣選手写真

    北村征嗣

    A1/3997/大阪

  • 金田諭選手写真

    金田諭

    A1/4036/埼玉

  • 梶野学志選手写真

    梶野学志

    A1/4140/東京

  • 久田敏之選手写真

    久田敏之

    A1/4188/群馬

  • 三浦敬太選手写真

    三浦敬太

    A1/4702/東京

PICK UP RACER
梶野学志選手写真

梶野学志

A1/4140/東京

梶野学志が冷静沈着に優勝を狙う!
今回ピックアップするのは東京支部、第89期の梶野学志。2001年11月に地元の多摩川でデビュー。2004年5月に多摩川で行われたGW戦で濱野谷憲吾、三角哲男、山田竜一ら強豪を抑えて初優勝。2006年以降はA級にほぼ定着し、2013年10月に通算500勝を達成し、2021年8月には通算1000勝と着実に実績を積み重ね、2020年以降現在に至るまで8期連続でA1級をキープしている。前回当地参戦時(5月)には2連対率15%台のワースト機を引いてしまったが、堅実に着を重ねて見事優出を果たした。以前の取材時には「自分の事を強いだとか、うまいだとかは思っていませんし、大きなレースで活躍している選手みたいに足を求めるとかっていう調整じゃなくて、エンジンなりの調整しかできないので、一走一走を大事にしていく事しかないと思っています」と、冷静に自己分析していた。この冷静な判断力を武器に、再び当地優勝をめざす梶野に熱い声援を送ってほしい。

全国過去3節成績

開催期間 競走タイトル ボートレース場 節間成績
2023/06/29~2023/07/03 スポーツ報知サマーカップ 戸 田 1221221[1]
2023/06/20~2023/06/23 第22回府中市長杯 平和島 4542223
2023/06/08~2023/06/12 BTS京丹後開設8周年記念競走 尼 崎 1526621333

三国過去3節成績

開催期間 競走タイトル 節間成績
2023/05/16~2023/05/21 にっぽん未来プロジェクト競走in三国 2614321121[4]
2022/12/18~2022/12/21 カニ坊チャンネル杯 133転131
2021/08/22~2021/08/26 マクール杯 353443113
2023/07/12 現在のデータ
[赤字]は優勝戦