非開催
5/20
開門時間- - : - -
場外発売
開門時間- - : - -
  • 本日の場外発売はありません
外向発売
開門時間- - : - -
  • 本日の外向発売はありません

レース展望

一般

新東通信杯

11/12
13
14
15
秋の夜長はボートレースに浸る時間も長い。モーニング、デイ、ナイターと発売形態は多様だが、1日の終わりに強烈な印象を受けたレースにふけりながら、翌日の予想をする時間もまたボートレースの楽しみのひとつだろう。そして今、ボート界で最も沸かせるレーサーといえば菅章哉ではないだろうか。その菅が三国に登場するシリーズが11月12日から4日間で開催の「新東通信杯」だ。菅といえば9月に開催された三国周年でも優出(優勝戦6着)の活躍。準優勝戦は18番目の椅子に滑り込み、準優に乗れさえすれば何号艇でもかまわないんだなと思い知らされるレースを見せた。短期決戦となるが三国周年の時と同様、初日から期待が膨らむ。
このシリーズは四国勢が強力。菅と同支部の西野雄貴も記念を走る機会が多く着々と力をつけている。香川支部からは昨年のヤングダービー覇者、近江翔吾と近況優出ラッシュの中田元泰が登場する。ほかにも堅実な走りで崩れることない作間章は三国連続優勝を狙う。地元勢は来期A1級復帰濃厚な武田光史と中辻博訓が迎え撃つ。楽しみ多く6日節で見たい気持ちもあるが刺激的な4日間を堪能しようではないか。
SERIES LEADERS
  • 作間章選手写真

    作間章

    A1/3966/東京

  • 田中和也選手写真

    田中和也

    A1/4357/大阪

  • 松崎祐太郎選手写真

    松崎祐太郎

    A1/4451/福岡

  • 菅章哉選手写真

    菅章哉

    A1/4571/徳島

  • 近江翔吾選手写真

    近江翔吾

    A1/4643/香川

  • 西野雄貴選手写真

    西野雄貴

    A1/4812/徳島

PICK UP RACER
菅章哉選手写真

菅章哉

A1/4571/徳島

菅章哉が当地初優勝を狙う!
今回ピックアップするのは徳島支部、第105期の菅章哉。チルト3度まで跳ねた豪快な「ガースー砲」が最大の武器の人気レーサーである。インタビューで自ら「劣等生だった。同期に本当に助けられた」と語るほど、菅のレーサー人生は苦難の連続。養成所のリーグ戦勝率は3.80、優出ゼロ。女子レーサーを含めても最下位クラスの成績。同期たちの支えもありギリギリの成績で何とか卒業した。晴れてプロのボートレーサーとなり2009年11月に地元の鳴門でデビュー。しかし、デビュー2走目にしてFを切り、初勝利を挙げるまでにF2の状態になっていた。さらにその後もケガで半年にわたる戦線離脱。その後は2012年4月に下関で初優出・初優勝を挙げ、2014年以降はA級へと定着。ようやく順風に乗ったかと思われたが、その後もF3や事故率オーバーでB2級へ。だが、復帰してからの菅は飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍。現在はチルトとペラを巧みに操る自在な戦い方がベースで、茅原悠紀も「カドの峰さんより6コースのガースーの方が圧倒的に脅威」と語る強豪へと成長した。今節も豪快なレースでシリーズを盛り上げ、多くのファンを魅了するだろう。

全国過去3節成績

開催期間 競走タイトル ボートレース場 節間成績
2023/11/03~2023/11/08 読売新聞社杯GI全日本覇者決定戦開設71周年記念競走 若 松 165265466
2023/10/15~2023/10/20 GIウェイキーカップ開設69周年記念 多摩川 6216
2023/10/05~2023/10/08 BTS阿波かもじま開設1周年記念競走 鳴 門 111312[6]

三国過去3節成績

開催期間 競走タイトル 節間成績
2023/09/09~2023/09/14 開設70周年記念 GI北陸艇王決戦 1562232[6]
2023/03/25~2023/03/30 開設69周年記念 GI北陸艇王決戦 12155623
2021/11/04~2021/11/09 開設68周年記念 GI北陸艇王決戦 551645666
2023/11/11 現在のデータ
[赤字]は優勝戦